あなたに最適な「有名講師による映像授業」の予備校
ピックアップ!

映像授業とは?

映像授業コースは、生徒が有名塾講師をはじめとした講義の映像を見ながら学習を行うものです。このコースには、3つの特徴があげられます。

特徴1 自由な時間に学習出来る。

最大の特徴は、好きな時間に足を運び学習ができるという点です。通常の塾の講義であれば、決められた時間に行かなければなりません。そのために、部活を仕方なく休んで希望の授業を受けることもあります。
映像授業では、好きな時間に好きな講義を受けることが出来るので、塾優先のスケジュールを組みたくない生徒でも、無理なく通うことが可能です。

特徴2 理解するまで、何度でも繰り返し視聴が可能

映像授業の場合、わからないところを繰り返し再生しながら学習することができます。
通常の講義であれば、講師の話を1度しか聞けません。
聞き逃してしまうと、講義が終わった後に、質問をしなくてはいけませんが、そのような心配も必要ありません。

特徴3 講義数が豊富!オリジナルカリキュラムも作成可能!

様々な講師の講義様子がアーカイブとして蓄積されています。そのため、学習意欲が高い生徒は、通常の授業を受講する生徒に比べて、多くの映像授業で学習することが可能です。
また、授業のカリキュラムを自分で決めることが出来るので、自由な学習スタイルが可能です。

映像授業のデメリットは?

映像授業は、良い点ばかりではありません。デメリットもあります。
それでは、映像授業のデメリットはどのようなものがあるのでしょうか?

一方的な講義

映像授業は、通常の講義のように、生徒とコミュニケーションを取りながら展開するものではありません。一方的に講義を展開していく内容となるので、集中力が無い生徒にとっては、眠くなってしまうこともあります。

分からない場所がどこかわからない

映像を垂れ流しで見ていると、どこが理解出来ていないまま見終わってしまうこともあります。不明な点を、繰り返し再生すれば理解力を深めることが可能ですが、読解力がなければ、何度も同じ場面を再生しても理解を深めることは難しいでしょう。

手を抜こうと思えば抜くことも可能

ブースで映像授業を再生しながら学習するので、学習のやり方によってはサボることも出来ます。映像授業を開講している塾には、このような生徒を無くすためにアドバイザーをつけている塾もあります。しかし、個人のやる気によって学習量が大きく異ってしまうというデメリットもあります。

映像授業に向いている生徒

以上のように、メリット・デメリットを考慮すると、映像授業に向いている生徒とそうでない生徒に分類することができます。

向いている生徒

向いている生徒は、自主的に学習する積極性があり、理解力が高い生徒です。進学校では、自主的に勉強する習慣が備わっており、集中力が高い生徒も多いので、映像授業に向いていると言えるでしょう。

向いていない生徒

一方で、向いていない生徒は集中力がない生徒です。このような生徒が受講をしてもあまり効果的でないと言えます。映像を集中して学習する必要があるので、集中力があまりない生徒には、映像授業はおすすめ出来ません。

オススメの塾は?

映像授業を実施している塾はたくさんあります。塾に足を運び映像授業を受ける通学型と、塾に行かなくても講義を受けることが出来る在宅型の2種類があります。オススメは、通学の塾です。

在学の場合、サボることができてしまいます。サボらず効率よく学習するためには、通学の映像授業をおすすめします。

塾の数が多く、似たような制度でどれを選べば良いかわからないという人のために、映像授業おすすめ塾を紹介します。今回紹介する塾は、どこも有名講師の授業を配信し、サポート体制が充実しています。

東進衛星予備校

有名講師が分かりやすい講義を行う東進衛星予備校。CMで一度は目にしたことがある人もいるかもしれません。林修氏だけでなく、東進では、映像授業を提供するだけでなく、1人1人に担当講師がつきます。
講師に分からないところを教えてもらえるので、理解力を効果的に深めることができます。

有名講師の「わかる授業」を全国展開
地方にいながら有名校講師の授業を受けられるのが強み。

東進衛星予備校は有名講師の講義を、映像配信システムを使うことで全国どこでも見られるようにした、フランチャイズ方式の予備校です。
全国に約800校あり、北海道から沖縄まで全国の受験生が、同じ授業内容をいつでも受けられる強みがあります。
各講座の1回目は無料で受講できる、体験授業システムが東進衛星予備校の特徴です。
「映像学習なので、東京と同レベルの学習ができたことがとても良い」「自分のレベルに合ったビデオ授業を受けられ、そのため内容が頭に入りやすく、理解しやすかった」という口コミがあるように、メリットは少なくないようです。
東進衛星予備校は、授業が行われている教室にいなくても、地方にいながらでも有名講師の授業を受けられるのが強みの予備校です。

口コミ

  • 映像学習なので、札幌でも東京と同レベルの学習ができたことがとても良かった。
  • 自分のレベルに合ったビデオ授業を受けることができたので、内容が頭に入りやすくて理解できた。

代々木フレックス サテライン

代々木ゼミナールが運営するフレックス サテラインでは、講義内容が2000以上と豊富なアーカイブ数が売りです。
1コマずつ予約出来るので、ベストなスケジュールで受講スケジュールを組むことができます。また、分からないことがあれば、質問シートに記入することで、その分野に精通したスタッフが丁寧に指導してもらえるサポートもついています。

「手厚い」サポートと「充実」の設備
多方面からの手厚いサポートで合格までバックアップ。

代々木ゼミナールは全国的に有名な予備校です。河合塾、駿台予備校と並ぶ3大予備校の一つとしても知られていて、教え上手な講師が数多く在籍していることも、評判になっています。
スカラシップ制度を導入していた点、自社占有の衛星回線を使って本部校の一部授業などを配信していた点でも、時代の最先端を行く予備校といえます。
「得意な科目は応用レベル、苦手な科目は基礎レベルを徹底というように、科目によって受講レベルを変えて勉強できた。」
「講師の教え方が上手なので、苦手な教科をそのままにせずに勉強できた。苦手も克服でき、センター試験で高得点につなげることができた。」といった口コミがあります。
代々木ゼミナールは手厚いサポートが最大の魅力。志望大学の合格まで十分なバックアップが受けられます。

口コミ

  • 得意な科目は応用、苦手な科目は基礎というように科目によってレベルを変えて勉強できた。
  • 教え方が上手なので、苦手な教科を克服でき、センター試験で高得点を取ることができた。

河合塾マナビス

河合塾が運営する映像授業では、映像学習をするだけでなく、理解力が本当についたのかをチェックするテストを定期的に実施しています。これによって、生徒がわからない状況を解消しています。
更に、1人1人に学習アドバイザーがつき、どのように学習を進めて良いかをアドバイスしてくれます。彼らに分からないことを質問するアドバイスタイムを設けているので、一方的な授業スタイルではなく双方向の授業を実現しています。

「確かな指導力」に定評
料金の満足度は低いが、指導には定評あり。

河合塾はエリア問わず信頼性の高い予備校です。
以前から学校施設、テキスト、模擬試験、文系の指導に定評があり、「模試の河合」といった複数の異名があります。
他の予備校に先駆けて、衛星放送によるサテライト講座を開始。全国の塾生や提携塾、個人塾、高校などに配信しています。
各校舎ごと無料の体験授業イベントが開かれているので、問い合わせてみると良いでしょう。
「模試の質が高く、判定に信頼が持てます」「特待生を希望していたものの、基準がかなり高いため割引などが受けにくい」「学校の先生より教え方が上手です。難しい質問にもしっかりと答えてくれたので好感が持てる」といった口コミがあります。
河合塾は料金の満足度は低いものの、確かな指導力が評価されている予備校です。

口コミ

  • 模試の質が高く、判定に信頼を持てる。ただ、特待生の基準がかなり高いため割引などが受けにくい。
  • 学校の先生より教え方が上手で、質問にもしっかりと答えてくれた。

このように、映像授業を提供する塾は、特徴がそれぞれあります。
有名講師の動画もちろんのこと、サポート体制が異なるので、自分に適した塾を見つけるようにしてください。

もう一度最初から見る

予備校適正診断