大学受験の「滑り止め」はこう選ぼう!

「大学受験の「滑り止め」はこう選ぼう!」サムネイル画像

第1志望の大学に合格する自信はないけど浪人はしたくない、という受験生は少なくないでしょう。そのような受験生は、滑り止めの大学を選定し、その大学の入試を受けることになります。 滑り止め大学には確実に合格しなければならないので、大学の選定といっても自分の現在の学力より低い偏差値の大学を選ぶ「だけ」と思うかもしれませんが、いざ「実際に受験する大学」を選ぶとなると、意外に難しいことがわかるでしょう。 それは入試を受けるにはお金と手間がかかるので、いくら滑り止め受験といっても「絶対に行かない大学」は受けな […]

続きを読む

「大学受験をやめたい…」そんな気持ちからは、こう抜け出そう!

「「大学受験をやめたい…」そんな気持ちからは、こう抜け出そう!」サムネイル画像

大学受験は自分との闘いです。なぜなら自分の心のなかに弱い気持ちがあると、いくらでも妥協できてしまうからです。 「なぜ偏差値の高い大学に行かなければならないんだ」「偏差値が低い大学も大学だ」と思い始めたら、志望大学のレベルをいくらでも落とすことができます。 そして最も恐いのは、大学受験をやめたいという気持ちです。 「大学受験はつらい」「高卒でも立派な人はたくさんいる」このような気持ちが湧き上がってくると、大学受験を放棄したい気持ちに駆られるでしょう。この気持ちを捨て去り、元の意欲を取り戻す方法を紹 […]

続きを読む

「4当5落」は危険!受験生は7時間30分の睡眠がオススメ

「「4当5落」は危険!受験生は7時間30分の睡眠がオススメ」サムネイル画像

「寝る間を惜しんで勉強しなければならない」 もし、このような気持ちで大学受験という長丁場の闘いを乗り切ろうと考えている受験生がいたら、すぐに考えを改めたほうがよいでしょう。 睡眠時間を削って勉強時間に充てれば、確かに参考書を早く読み進めることができます。しかし、それは合理的な勉強法とはいえません。 なぜなら、睡眠時間は受験勉強に絶対に欠かせない健康に深くかかわるからです。 かつて「受験戦争」という言葉が当たり前のように使われていたころ、「4当5落」という言葉がありました。これは、「受験生は1日4 […]

続きを読む

大学受験は独学でも克服できるのか

「大学受験は独学でも克服できるのか」サムネイル画像

大学受験は独学でも克服できるのでしょうか。この結論を先にご紹介すると、「難しいが不可能ではない」ということになります。 なぜ難しいのかというと、大学受験向けの勉強は通常の高校の勉強とは異なるからです。やはり、予備校や塾などを活用したほうが効率的であり効果的なのは間違いありません。 では、なぜ独学でも大学合格が不可能ではないのでしょうか。それは、勉強というものは結局のところ「自分との闘い」だからです。そして現代日本であれば、どこで何をしていても学ぶことができます。強い意志さえあれば、大学受験という […]

続きを読む

大学の偏差値にこだわってほしいから予備校を使おう

「大学の偏差値にこだわってほしいから予備校を使おう」サムネイル画像

必ずしも、大学の偏差値にこだわる必要はありません。偏差値が低い大学であっても、信頼できる教授や信頼できる友と一緒に、よい学生生活を送ることは可能だからです。 しかし、偏差値が低い大学の卒業者は、偏差値が高い有名大学の卒業者が手に入れることができる「さまざまな特典」を手にすることができません。 また、志望すれば誰でも大学に入学できる「大学全入時代」が到来すると、「大学を出た」ことは重視されなくなり、「どの大学を出たか」が社会的な関心事になります。すなわち、低偏差値大学の価値がますます落ち、高偏差値 […]

続きを読む

予備校を自分の勉強法にどう組み込むか【大学受験】

「予備校を自分の勉強法にどう組み込むか【大学受験】」サムネイル画像

受験生は、まずは勉強法の確立を急がなくてはなりません。 ただ、そのときに「大学受験に予備校は有効なのか、有効ではないのか」という課題に直面することもあるでしょう。予備校に通うには、お金も必要ですし、予備校までの往復に時間がかかります。それに見合うだけの成績向上が見込めるかどうか、判断に迷うこともあるかもしれません。 もちろん、予備校に通っていない「いま」の状態で、成績が上昇している人であれば、予備校を使う必要はありません。 しかし、自己学習や高校での勉強だけで思うような成績をあげられていない人は […]

続きを読む

早慶大とマーチの「世間イメージ」と「卒業後の位置」はどれほど違うのか

「早慶大とマーチの「世間イメージ」と「卒業後の位置」はどれほど違うのか」サムネイル画像

私立大学への入学を目指している受験生にとって、一つの大きな目標となるのは、早稲田大学と慶應義塾大学ではないでしょうか。しかし早大と慶大は難関大学。 自身の学力を無視し、いきなり早慶に特化した受験勉強に取り組む戦略はリスクが大きいかもしれません。 その場合、まずは、マーチ(MARCH、明治、青山、立教、中央、法政)も視野にいれてもよいでしょう。マーチでも十分世間の受けはよく、いずれかの大学を卒業すれば、世間はしっかりと「一流大学卒者」と認定してくれる傾向にあります。 ですが、マーチ受験といっても楽 […]

続きを読む

大学受験の勉強はいつから始めるべきか。「高2の6月ベスト説」とは

「大学受験の勉強はいつから始めるべきか。「高2の6月ベスト説」とは」サムネイル画像

大学受験の勉強は、いつから始めるのがベストなのでしょうか。 英才教育を受けさせて子どもをトップクラスの大学に進学させたい親であれば、「1日も早く1日でも長く受験勉強をさせたい」と考えるかもしれません。 大学のブランドにこだわらない人や半ば浪人を覚悟している人は、「大学受験なんて半年あれば十分」と考えるかもしれません。しかし、これらはどちらも極端すぎる考えかもしれません。今回は、「高校2年の6月スタートがベスト説」をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。なぜ高校2年の6月スタートがベ […]

続きを読む

早稲田大学と慶応大学の両方に合格したら、どちらに行ったほうが「人生的には得」なのか

「早稲田大学と慶応大学の両方に合格したら、どちらに行ったほうが「人生的には得」なのか」サムネイル画像

早稲田大学と慶應義塾大学の両方に合格したら、どちらに行ったほうが人生的には「正解」なのでしょうか。 早慶のダブルタイトルを獲得した人は、相当ハードな受験勉強を乗り越えてきたはずです。その苦労がいま報われたのです。しかし、早大か慶大か、どちらか一方にしか通うことができません。そこで入学手続きの締め切りまでに、自分は早稲田カラーが合っているのか、それとも慶應カラーが合っているのかを決めなければなりません。人生の第1ラウンドの勝者たちへ「原則、どちらに行っても正解」早慶は日本の私立大の2大巨頭であり、 […]

続きを読む

大学受験の英語は「ブレークスルー」を引き起こして勝つ!

「大学受験の英語は「ブレークスルー」を引き起こして勝つ!」サムネイル画像

大学受験の英語については、多くの受験生が「努力しているのに点数が取れない」と悩みます。時間を割いて取り組んでいるのに成績が上がらないのはあなただけではないのです。 では、英語の成績は「才能」で決まるのかというと、そのようなことはありません。語学スキルは「ひらめき」や「発想」では獲得できません。また、英語圏の外国で生活した経験がある人でも「受験英語」が不得意な人はいます。 それでは、過去問や参考書や単語帳にひたむきに向き合えばよいのでしょうか。それは悪くはありませんが、戦略を立てずに英語と「にらめ […]

続きを読む

1 / 512345

予備校利用者が教える
予備校選びのポイント

カテゴリー

アーカイブ