仮面浪人を決意!勉強のスケジュールとメリット・デメリット

浪人には様々な形があるものです。 仮面浪人だって、立派な浪人の形。 しかし一般的な浪人生と比べると、勉強のスケジュールは大きく変わってきます。 仮面浪人をするならば、そのメリットとデメリットをしっかりと理解しておきましょう。 仮面浪人のスケジュール 仮面浪人の場合、大学生としての側面も併せ持つことになります。 それはメリットでもあり、時にデメリットになることもあるでしょう。 しかし時間を有効に使うことができれば、仮面浪人でも希望校合格は十分に目指すことができます。 仮面浪人生も通常の浪人生も、平 […]

続きを読む

社会人から医学部を目指すなら学士編入制度がいい?試験科目や年齢制限は?

「すでに社会に出て働いているけれども、将来のことを考えて医師になりたい」 「社会に出てから医師に助けられた。厳しいとは思うけれど、今からでも彼らのような医療に携わる人間になりたい」 「若いころはお金がなくて医学部に入ることができなかった。でも、社会人として働くことで貯金ができたから、今から医学部に入りたい」 このように考えて、社会人や、あるいは他の学部から医学部を目指す人もいるでしょう。 そんな人にとって、力強い味方となるのが「学士編入」という制度です。 学士編入制度とは まず、「学士編入制度と […]

続きを読む

医学部の推薦入試。評定平均はどのぐらい必要?浪人でも受けられる?

近年、医学部でも推薦入試を導入して注目を集めていることを、ご存知ですか?ただし、推薦であっても合格が約束されたものとはならず、狭き門といえます。 今回は、国公立大学や私立大学の医学部推薦入試についてみていきましょう。 推薦入試を実施している学校は多い! 推薦入試を実施している医学部のある大学は、国公立では43校、私立は17校あります。「意外と多いのね」という印象ではないでしょうか。 推薦入試の場合、学科のほかに面接が必須となるケースが多く、推薦は専願であることが前提となりますから、受験する大学に […]

続きを読む

どうしても合格したい!医学部の再受験に年齢制限はある?再受験に寛容な学校は?

「医者になりたい」という思いを抱きながらも、さまざまな事情でそれが叶わず社会に出てしまった方もたくさんいます。そういった方たちが社会に出てからもう一度、医学部に挑戦したいと考えるケースが近年増加傾向にあるのを、ご存知ですか? 「医者になりたい」という気持ちに、年齢は関係ありません。学生でなくても「どうしても医者に」という強い気持ちがあれば、医学部を再受験することは可能なのです。現役では合格できず、一度医学部への道を諦めてしまった人や、社会人経験を積んだ上で医師を志すことにした方に向けて、今回は医 […]

続きを読む

浪人が決定…予備校なしでも合格できる?浪人生が予備校に行く場合の費用は?

「宅浪」という言葉を、知っていますか?近年、徐々に周知されてきたこの「宅浪」という言葉は、その名の通り「自宅で浪人する」ということ。 「浪人=予備校生」とは、限りません。浪人生といっても、予備校に通って勉強する人もいれば、独学で大学受験リベンジを目指す人もいます。 今回は、予備校に行かずに大学合格を目指す「宅浪」、そして予備校に在籍して送る「浪人生活」について、考えてみました。 浪人でも予備校に行かないで大学受験に成功するか 現役合格することができずに、浪人をすることになった場合、どのくらいの割 […]

続きを読む

予備校利用者が教える
予備校選びのポイント

アーカイブ